smiley

花月(旧引田屋)の歴史

花月(旧引田屋)の歴史
長崎の歴史と花月
江戸時代、長崎の丸山は江戸の吉原、京都の島原とともに天下の三大遊郭とうたわれ栄えた場所です。花月(引田屋)は、寛永19年(1642)に誕生しました。日本永代蔵では、井原西鶴が「長崎に丸山という所なくば、上方の金銀、無事に帰宅すべし」と当時の繁栄ぶりをうたっております。
江戸から幕末、明治と長崎を舞台に活躍した国際人の社交場でありました。文人墨客も数多く訪れ、なかでも頼山陽は3ヶ月にわたって逗留し、花月を「養花山館」と名付け、篆刻(てんこく)も残しております。昭和35年には長崎県の史跡に指定され、全国的にも珍しい「史跡料亭」として営業いたしております。

集古館のご紹介

掛け軸:坂本龍馬の肖像画
掛け軸:坂本龍馬の肖像画
集古館について
映画「長崎ぶらぶら節」で有名になった名妓・愛八直筆の歌本や写真、向井去来の俳句 や頼山陽の書、坂本竜馬直筆の書などを展示しております。
集古館
集古館
イカルス号事件の際に奉行所へ送ったとされる坂本龍馬直筆の嘆願書(下書き)
イカルス号事件の際に奉行所へ送ったとされる坂本龍馬直筆の嘆願書(下書き)
丸山の名妓愛八さんの直筆の歌本や愛用の品々
丸山の名妓愛八さんの直筆の歌本や愛用の品々
創業寛永十九年
史跡料亭花月
長崎伝統卓袱料理が楽しめる
県指定史跡の料亭
《営業時間》
12:00~15:00(L.O.14:00)
18:00~22:00(L.O.20:00)
※定休日不定休(主に火曜)

〒850-0902
長崎県長崎市丸山町2番1号
●ご予約はこちらまで
TEL:095-822-0191